忍者ブログ
東京都品川区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 東京都品川区豊町2-1-30

 戸越公園は寛文2年(1662年)、肥後の国熊本藩主細川越中守重利が下屋敷として、この付近の地と共に拝領し、寛文11年(1671年)当時武家屋敷を代表する数寄屋造りと庭園からなる戸越屋敷として整備した庭園の一部であります。天明4年(1784年)松平隠岐守の手にと渡りました。明治の変革により久松家などの手を経て、明治23年(1890年)三井家の所有となりました。

 昭和7年(1932年)三井家が現在の戸越小学校のいちぶと共に別邸の庭園部を旧荏原町役場に寄付しました。東京市域拡張の際、旧荏原区に引き継がれ、昭和9年(1934年)東京市は公園の整備を行い、昭和10年(1935年)3月に完成し東京市立戸越公園として開園しました。



 その後、東京都に引き継がれ、昭和25年(1950年)10月に品川区に移管された区内でも由緒ある公園です。その後区では数次にわたる改修を重ね、歴史的な風情を復元させ武家屋敷の雰囲気をかもしだすよう、正門を始め施設の再整備を行い現在に至っています。



<公園の概要>

面積    18,255㎡(池の面積1,815㎡ 湧水と水道水を併用)
開園日   昭和10年(1935年)3月24日
公園便所 3ヶ所
みどころ  池を中心とした回遊式庭園に咲くサクラやツツジ、キンモクセイ、ウメなど区内だけでなく区外からの利用も多く、朝のラジオ体操やゲートボール、祭り、いろいろな催しなど多岐にわたり利用されています。
 
PR


所在地 東京都品川区豊町2-1-30(戸越公園)

 戸越公園は寛文年間(1661~1672)に熊本藩細川家の下屋敷の一部となっていました。
 この戸越屋敷は、江戸滝の口の上屋敷及び芝白金の下屋敷とは性格が異なり、鷹狩りやきじ狩り、あるいは茶会等を行う別荘風の邸宅であったとされています。
  したがって、この戸越屋敷に設けられていた武家屋敷門は、上屋敷あるいは芝白金の下屋敷に構築されていたと推定される長屋門とは異なり薬医門、冠木門(かぶきもん)等の簡素なものが中心であったと考えられます。



 以上の歴史的背景をふまえ簡素で質実剛健な様式であり、戸越公園の正門にふさわしい点から平成4年(1992年)4月にこの薬医門(やくいもん)を、平成2年(1990年)3月には東門として冠木門(かぶきもん)を構築しました。

 薬医門(やくいもん)のいわれは医師の門として使われたことからこう呼ばれていたようです。

 主材としてゃ台檜(台湾檜)、三州日本瓦などを使用した本格的な造りとなっています。
平成5年(1993年)3月吉日
東京荏原ライオンズクラブ 寄贈


所在地 品川区大崎3・4丁目

 峰原という地名は、江戸時代の谷山村ややまむら(飛地)内の字名であった。現在の大崎3・4丁目付近にあたり、坂名はこの地名からとったものである。なお谷山村の本村は西五反田2・3丁目に目黒川沿にあった。



所在地 品川区上大崎1-5-15 

品川区指定天然記念物
 清岸寺のサクラ
     昭和53年(1978)2月14日指定



 サクラはバラ科の落葉高木で、特に花を愛でる。日本には約30種のサクラがあるが、本樹の種類は不明である。
 寺伝によると、芝増上寺36世の祐天上人(1637~1718)のお手植えと伝えられ、樹勢はややつかれているようであるが、今でも多くの美しい花をつける。
 幹の回りは約3メートル、高さ約7メートル、推定の樹齢は250年~300年というサクラとしては珍しい古木である。
 平成9年(1997)3月31日 品川区教育委員会



所在地 品川区上大崎1-10-30 (常光寺)

  天保5年(1835)12月12日生
福澤諭吉先生永眠之地
  明治34年(1901)2月3日死



明治34年(1901)2月福澤諭吉先生永眠のとき此処處に埋葬せらる 先生の生前自ら選定し置かれし墓地なり 昭和52年(1977)5月福澤家の意向により同家の菩提寺麻布山善福寺改葬せらる よって最初の塋域を記念するため之を建つ
 昭和53年(1978)5月14日



この福澤諭吉先生の胸像ブロンズは三田山上慶応義塾大学図書館正面入口に建っている胸像の原型を復元したものである。
当山浄境の福澤諭吉先生永眠の地に之を建て永く先生の遺徳を顕彰する。
 2006年2月3日
 常光寺 第18世 光譽壽雄
 梅田石材 梅田武久


所在地 品川区上大崎1-10-30 (常光寺)

  和田義郎顕彰碑
この記念碑は和田義郎氏の功績をたたえ
この地に埋葬せられていたことを記念するため常光寺と慶應義塾幼稚舎にて之を建つ
  平成十五年四月十日

 〔碑文〕

和田義郎君ハ■和歌山乃士族少少■塾を■又■好む幕府■慶應義塾に入学し■美書■読み■明治七年■頃より三田の義塾邸内■幼稚舎なるものを設け特小塾生中■童子の■集めて■課■のみ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■













忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性